妊娠・出産・育児

10キロ増えても大丈夫?! 妊娠中の体重管理との戦い

更新日:

妊娠中に気になることの一つに自分の体重管理があるかと思います

ものすごく、ざっくりいうと
ぽちょめな人は8キロ
普通の人は10キロ
痩せている人は12キロまでなら増えてもよいと言われています

胎児や胎盤含むその他もろもろの重みを合わせて5~6キロなのです
羊水(6-800ml)、胎盤、血液もそれなりの重みがあります

そのため、単純に考えると5~6キロ以上増えたらそれはただの脂肪です

でも出産には体力もいりますから、モリモリ太って備えたほうがいいんです

ここからは私の体験談となりますが、
私はつわりがなかったものの、切迫流産で自宅安静期間があったため、
妊娠三ヶ月の頃はマイナス1キロで43キロになりました
妊娠五ヶ月の頃は45キロと微増

それでも全く妊婦と思われず、体重も全然増えないけど大丈夫かな?と心配するくらいでしたが、
ここからが相当まずかったのです

そろそろ育休に入るかなという、妊娠八ヶ月頃からじわじわ増加し47~48キロまで増え
さらに、産休に入り、旅行や外食が続き、九ヶ月の頃にはついに50キロへ

体重なので一日で増減があるものの、2週間で3キロ近く増えた時には産院の先生からついに雷が!

この年で体重のことで怒られるなんて、とても情けなくなりました

でも本当不思議です
初期は食べても食べても変わらなかった体重が後期は食べてなくても増えるんです
息を吸うたびに太り、水を飲んだらすべて体重になるというくらいでした

先生が本当に怖くて(私のことを思ってくれていたのですが)検診が憂鬱でした

これは絶対に、オススメしませんが、検診は朝一番を予約し朝食を抜き、前日には下剤を飲んで体重をキープしたほどです

臨月に入り、出産のカウントダウンをする頃にはふっきれたのかどか食いをし、53.8キロという最高記録に達し出産に臨みました

出産したら5キロは減ると思っていたのですが、
スピード出産&安産&無痛分娩なこともあり、苦労が足りなかったのか産まれた直後(食後ですが)な、なんとマイナス2キロ

え、え、どういうことでしょう?!
赤ちゃんは2700グラム、胎盤その他が出てるのに!!

余談ですが、普通分娩かつ難産の場合、かなりの体力を消耗します
陣痛が辛くて嘔吐を繰り返した友人は、なんとマイナス5キロだったようです

体重については実際浮腫みもありますので、健康な場合とは異なるとはいえ驚きました

次の記事では産後の体重の減り方について書いていこうと思います

-妊娠・出産・育児

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.