妊娠・出産

【妊娠初期のトラブル】トキソプラズマ感染症って何だろう?

更新日:

トキソプラズマ感染症という言葉を聞いたことはありますか

私が妊娠をしていた頃、全国の半分の産院で検査するようになりました
もしかしたら、現在は必須の検査なのでしょうか
最近の事情はわかりませんが、この検査は妊娠8週過ぎに行われる血液検査項目となります

※トキソプラズマとは、極々小さな寄生虫なのですが、世界の人口1/3以上が感染しており、
主に生肉を食べるヨーロッパ(生ハムとかでしょうか)は90%以上の人が感染しているといわれています

感染しても、すぐに抗体ができ、二度感染することは基本的にないものです

しかし妊娠初期に「初めて」感染してしまうと、水頭症の赤ちゃんが生まれるリスクがややあるので少々厄介です
(かなりレアケースなのですが)

胎児への感染をこの薬で半数の確率に減らせますが、そもそもトキソプラズマが胎児へ感染し、重症化する確率は、調べていくと、宝くじの高額当選並に低いです。

私は、検査結果でトキソプラズマのみ陽性が出たので再検査をしたのですが、また陽性でした

トキソプラズマは一度目の検査の場合は、偽陽性が多く出るので
再検査をすれば、大半の方は数値が下がり妊娠初期感染ではないと判断できますが、
私の場合は、再検査でも一度目と同様の数値が出てしまったため、次の検査をしなければなりませんでした

要するに「いつ感染したか」を特定させなければ「リスク有無」の判断が出来ないようです

かかりつけの産院で、当時この症状が珍しかったのか急遽総合病院への紹介状を渡され検査を受けることになりました

これが特定の病院でしかできないトキソプラズマアビヴィティ検査で、感染時期の特定が可能です

その検査をした時は妊娠11週を過ぎていたので、染色体異常などの検査の検討をする重要な時期ですが転院となりました。。。
こんな大したことないことで

かかりつけの産院では、アセチルスピラマイシンを処方されました

この薬を飲むことで赤ちゃんへの感染を半分の確率にすることができます

でも1日に12錠も飲みます

医師の指示だったので飲みましたは、正直 この薬の胎児への影響を気にしていました

私は海外にも一時的に住んでいたこともあり、感染していてもおかしくないんです

結局総合病院には2~3度通院した結果、
検査結果の日本のサンプルが少なく断定が難しいが、妊娠の半年以上前に感染でしょうとのこと

当時、病院の先生でさえ、医学書を読みながらの判断だったので

海外に住んでいたり、過去の食生活から「気にしなくてもいいのでは?」と思います

もちろん、妊娠初期に生肉食べまくったよ!なんて人はしっかり検査を受けてくださいね

感染しても赤ちゃんが重症化する確率は低すぎますので、あまり気にしなくて良いと思います




-妊娠・出産

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.