美容・ダイエット

スキンケアの極意~30代は特に!年齢や自分にあった肌ケアをしよう~

更新日:

スキンケアは女性の永遠のテーマです。

私も過去には口コミサイトの@コスメオタクだったこともありますし、モニターに懸賞に応募したり、ブルームボックス(BLOOMBOX)を購入し、とにかく新しい良いものを探しては試して…を繰り返していました。

化粧品を選ぶ基準はそれぞれですが、テクスチャーが好きだから…香りが好きだから…。そんな理由で長い間同じスキンケアを使い続けている人、少なくありませんよね。

勿論私も例外ではなく、あれこれ試していく中でも一つのアイテムを一定期間使い続けることもありましたが、ある日ふと、そのアイテムに物足りなさを感じ始めるようになります。

これって当然の事。私たちのお肌は、日々変化し続けています。それはその時々の季節の揺らぎのようなものだけではなく、年齢を重ねることでの変化ですね。という訳で今回は、20代、30代、40代と年齢別に応じたスキンケアの方法をご紹介していきたいと思います。

●20代のスキンケア方法

20代のスキンケア方法は、いたってシンプルがベストと言えるでしょう。20代のお肌は、思春期を抜けてとっても安定してくる時期。過剰なケアは必要ありません。今の自分に必要なケア成分を取りいれてあげましょう。

【20代は悩みに応じたシンプルケアを】

・乾燥が気になるなら…ヒアルロン酸、セラミドなど

・ニキビ跡やそばかすが気になるなら…ビタミンC誘導体など

・大人ニキビが気になるなら…甘草エキス、グリチルリチン酸ジカリウム等

ただ、意識してほしいのは25歳を過ぎたころのお肌。コラーゲンやコエンザイムQ10等、私たちがもともと体内に持っているエイジングに関わる成分が減少し始めるのが20歳から。それ故に、エイジングサインが出始めるのも25歳あたりからと言われています。ですので、25歳を過ぎたあたりからはファーストエイジングケアができるようなスキンケアラインに変えてみるのがお勧めです。

●30代のスキンケア方法

30代は、エイジングサインがじわじわとで始めるころと言えます。個人差もありますが、法令線や目周りのしわなど20代では感じにくかった悩みも出て来るでしょう。ですので30代では、20代でのシンプルケアにプラスアルファの悩み別ケアアイテムを追加してあげましょう。

【30代はスキンケアにプラスアルファのケアを】

アイクリームなどで気になる個所のケアを始める

・ターンオーバーの乱れも起こりやすくなるため、角質ケアなどのスペシャルケアも行う

“洗うケア”にも注力する

特に、上記の中でも“洗うケア”に力を入れてあげて欲しいのも30代から。それまでは洗浄力の高いクレンジングや洗顔料でも、30代を過ぎれば皮脂量も減ってくるため如実に感想を感じやすくなります。30代こそ洗うケアアイテムの見直しを図りましょう。保湿力が高いアイテムを選ぶようにしてあげてくださいね。

●40代のスキンケア方法

悲しいことに、40代になると“肌悩みが気になり始める”ではなく、“肌悩みがベースになる”と言っても過言ではありませんね。ですので、シンプルケア+@のケアというよりも、ベースのラインからお悩みをしっかり解決してくれるようなアイテムに変えてあげましょう。

【40代はベースのスキンケアアイテムをしっかり見極めて】

・エイジングケアができるランナップに変更を。なかでも、細胞レベルで働きかけてくれるスキンケアラインがおすすめ。

・内側からのケアも同時に行う

最近では、細胞レベルで働きかけてくれるようなスキンケアラインも充実してきました。お肌に活力を与えてくれるアイテムばかりですので、おすすめです。40代から取り入れるスペシャルケアももちろん忘れずに行いましょう。そして最後に、やっぱり内側からのケアも大切になってきます。年齢とともに失われていくのは、誰でも同じで仕方のないこと。化粧品だけでは補いきれない成分を、しっかり内側からも補充してあげましょう。




-美容・ダイエット

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.