妊娠・出産・育児

つわりと切迫流産の体験談【妊婦さんの最大の山場】

更新日:

妊娠検査薬で反応があった頃から毎日体調が良くなかったことを覚えています
具体的には、高温期だったので熱っぽく、体がだるいという症状でしたが、これらは妊娠5週過ぎには治まりました(単なる高温期?)

妊娠判定を病院でもらったのが5週半ばでしたが、今度はつわりの心配がありました

ネットの書き込みをみては、5~6週頃から始まる人もいていつなのかなともやもやしていました

そのため、遊ぶ約束を前倒しにしたり、外出したり楽しんでいました

妊娠8週目(3ヶ月)だったのでそろそろつわりが始まってもいいのかなと思っていましたがありませんでした

結果私にはつわりはありませんでした 笑

そんな中、うっすらと出血がありました

うっすらとはいえ、鮮血だったため頭の中が真っ青になり「また流産か…」そう思いました

赤ちゃんは無事でしたが、「絨毛膜下血種」といって、子宮内でところどころ出血が見つかり、

この塊が破裂すると、胎児を外に押しやってしまい流産を誘発するとの説明を受けました
(受精卵が子宮内膜に付着し絨毛組織を内膜に伸ばして胎盤を作る際に内膜の血管が壊されるので出血が起き血種が出来る)

この時に下された診察は、止血剤3種類の処方と、自宅安静の指示です

ダクチル … 止血剤

トランサミンカプセル … 抗出血、抗炎症剤

アドナ … 血管増強剤

「いつまで休めばいいのだろう」

理由がわからないので、とりあえず会社を3日ほど休み自宅安静期間を過ごしました

診断から5日目の私の状況は、体は元気、出血もないし、ネットの体験談や友人から聞く話から推測すると、幸い私は軽度なんだと思い楽観的でした

とりあえず休んだし、仕事もあるし明日からは会社へ行こうと思い、出勤しました

休み休みに無理をせず、続ければ子宮内も安定するのだと思い込んでいました

しかし、その週の金曜日、再び検診で先生が

「症状は全く良くなっていませんが赤ちゃんは元気です。あなたが妊娠を継続させたいなら、とらなきゃいけない行動はわかるでしょう」

引き続き3つの薬を処方され、自宅安静が続きました

結局2週間ほどの安静期間を経て、ようやく出血も治まり、自宅安静が解除されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出血が治まったから言えることですが

切迫流産の多くは適切な処置をすること(安静)で症状がよくなるそうです

それは原因が母親側にある場合は乗り越えられることが多いです

しかし、胎児側の要因で切迫流産になる場合は妊娠の継続は難しいそうです
(染色体異常の可能性が高いため)

胎盤ができるまでは大変不安定なので注意してください

つわりは「動かないように」という意味も含んでいるのかもしれないと思うこの頃です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-妊娠・出産・育児

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.