妊娠・出産・育児

計画無痛分娩で出産した私の体験記~当日の流れと気になる痛みは~

更新日:

いよいよ出産日当日がやってきました。当日の事前準備から産後の処置まで記憶のある限り書いていきます。ちなみに、前日の流れはこちらの記事をご覧くださいね。

出産当日流れ

事前準備

6:30~

起床してすぐに検温します。その後、人生初の浣腸をされました。幸い限界まで我慢しないでいいと言われたので速攻トイレへ行きました。(浣腸辛かったです)

なぜ浣腸が必要なのか、みなさんご存知でしょうか?
出産でウン●がでちゃう人いるみたいです。立ち合い出産臨んでいる人、本当に大丈夫ですか? 友人は出しちゃったみたいです。それもご愛嬌とはいえ、そういうのも含めて産後レスになる人もいますので、デリケートな問題です。

7:15~

内診と最後の体重測定でした。前日が最後だと思っていたんですが。最終的には11キロ増加しましたが、やせ型なので、15キロ増やしても問題なかったはずですが、妊娠期間中、特に後期は体重のことで悩まされました。先生が体重管理に厳しかったです。

内診でラミナリアを1本ずつ抜き取ったあと、また何かを入れられたんですが、それがバルーン、陣痛誘発剤、麻酔のセットのようでした。麻酔液が入ったショルダーバックのようなセットを肩からかけられ持ち歩いていました。

いよいよ陣痛?生理痛のような痛み開始

その処置の10分後、お腹が痛くなったため※LDRへ移動しました。(※LDRとは陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)の略)

また10分後、お腹が痛くなってきたことを助産師さんへ報告すると、陣痛感覚を確認したところ、陣痛が5分感覚になっていたので麻酔液を投入されました。

脊髄のあたりがすーっと冷たくなっていったことを覚えています。そのまた15分後には、先生が麻酔の効果を確認するために、膣に手を入れ、「これは痛い?」と聞かれたのですが、痛くなかったので麻酔はバッチリ効いていたみたいです。

陣痛が5分間隔!子宮口5センチからの人為的に破水!

ここから、無痛分娩の恩恵を受けることができました。陣痛が5分間隔という状況は、本来とてもきつい状況のようですが、私の場合、痛みもなく暇な時間を過ごしていたのでスマホで家族や友人にlineをしていました。

それでも一定リズムで陣痛がやってくる感覚がわかり、ず~んと重く感じました。例えるなら、妊娠後期のハリのよう。でも麻酔が効いていて痛くはないものの、とにかく重い変な感覚だったことを覚えています。

子宮口の開きを確認しにきた先生の内診がありましたが、意図的に破水が行われました。押されたような状況だったのですが、例えるなら、お風呂の中で空気の無い水風船を割る感じ。ドゥンって音と同時に生ぬるいものがじゃ~って漏れてきました。

ここで、事前準備をした、特大ナプキンを使用しました。どんどんお腹からお湯が出てくるので3回以上ナプキンを変えてもらった記憶があります。

いよいよ出産?!子宮口7センチ!

10:00~

子宮口も7センチになり、そろそろ大きい波がくるのかな?って思いながらも、まだまだ余裕でスマホいじり。暇だな~なんて安心していた、1時間後の11時・・・

11:00~

麻酔は効いているのにお尻がとにかく痛くなり、例えるなら許容範囲を超えた大きなう○こがでそう。皮膚を突き破りそうな感覚が襲ってきました。ここでようやく、出産時にはテニスボールが必要だ!という口コミを思い出しました。

私は持っていなかったので、自分の肛門を押さえ、耐えました。大きな波が来るときは、無痛分娩とはいえ、うずくまり肛門を抑えて耐えていたことを覚えています。それでも泣き叫ぶとか、そんなことはなく、もしかしたらひどい生理痛くらい…?

このとき、どうやら赤ちゃんがどんどん降りてきていたようです。

かなり痛くなってきたので助産師さんを呼んだら血相が変わり、「すぐ先生を呼ぶから!」とのことでした。

本当にいよいよ出産します

11:30~

検診中の先生が飛んできて、一瞬でLDRが分娩台へと変わりました。

私はパニックになり、痛い!!!!と言ってしまったので先生が麻酔を慌てて足してくれました。(後から聞くとバッチリ効いていたようですが)

その後あまりに苦しくて、我慢できなくて、先生に 「いきみなさい」 と言われたので
得意の腹筋を使い下腹部に力をいれて思い切りいきみました。大きくいきんだのは、3回くらいでしょうか。そのくらいでするりと産まれました。

ちなみに私がパニックになっていた時には会陰切開も行われていました。いきむタイミングに、先生が膣を思い切り広げていたのですが、ある時から「えらい広がるなぁー」って思っていたらその頃には切開が行われていました。頭がでてるなんて知らなかったので、普通にいきんだら赤ちゃんが生まれていました。

先生が来てからわずか10分での出産です。結局のところ、誘発から4時間以内の出産となりました。

出産後処理と、赤ちゃんとのご対面

感動の我が子との対面ですが、一瞬対面させてもらいました。そのあとすぐ、服を着せてもらいに別室へ連れていかれました。

私のほうは、後産の処置が残っていました。麻酔が効いているから痛みはないけど、先生が中から胎盤などをかき出していました。感覚がちょっと気持ち悪かったです。

そのあと恐怖の会陰の縫合をしたのですが、微妙に痛くて膣がヒクヒクしました。

ここで先生に「こんなに安産で麻酔もバッチリ効いていたのに痛がっていたら普通分娩の人に怒られるよ」言われました。私は初産で無痛を選んでしまったので感動が薄いのです。

その後、約1時間は分娩台の上で(LDRなので元に戻して)休むように言われました。昼食が運ばれてきて、すごく食べたかったのですが、横目でみながらこの時は休みました。それでもご飯が冷める頃には、完食していました。後から知ったことですが、出産後1時間でお昼ご飯を美味しく食べることができるのはやはりすごいとのこと。

14:00~

この頃はもうすっかり元気でしたが、会陰の傷とお尻の痛みがあるのでギクシャクしながら歩いていました。軽く洗われて、着替えを済ませた息子が部屋に運ばれてきて改めてご対面。ちゃんと息をしているなぁ、本当に小さいんだなぁ。

無事に産まれてきてくれて本当にありがとうと改めて感じた感動の瞬間でした!

まとめ

いかがでしたか?無痛分娩について少し理解をいただけたでしょうか。最近では、死亡事故などが取り上げられていますが、正直なところ、メディアの無知と情報の取扱いに失望しています。無痛分娩という行為が危険なわけではないんです。ただ、医師の技量に左右されることがあるので、納得のいく産院を選んでくださいね。

私はここの産院の先生には本当に感謝しています。

-妊娠・出産・育児

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.