共働き

学童保育について・小1の壁について考える~民間学童見学から出した決断~

投稿日:

小1の壁について考えたことはありますか?

小1の壁・・・働く母には乗り越えても乗り越えても壁があるのですが、保育園時代を乗り越えたママが再び退職を検討してしまうほどの大きな壁です

保育園は、厚生労働省の管轄で、親の代わりとなって「子育て」をしてくれる場でもあるのですが、小学校からは文部科学省の管轄で、教育の場であるために全く異なります
当たり前のことではなるのですが、学校は親がいない間の面倒を見る義務はなく、受け身のままではおいて行かれてしまうのです

働くママの壁① 時間的な問題

若干の地域差があるものの、小学校低学年は2時半から3時には下校します
保育園は長いところだと、最大9時まで預かってくれるかと思います
(私の保育園は7時15分までです)

働くお母さんたちは、下校したお子さんを学童保育へ通わせるかと思いますが、
公立の学童保育という場は6時前後で終了のところが多いのです
それに対し、世の中の会社の制度面は、
時短勤務が小学校就学時までが多く当然お迎えに間に合いません

お迎えに行かずに子供を帰宅させることも可能なのですが、
6時過ぎに子供を一人で帰宅させるということは難しい選択肢です
学童がすぐそば、兄弟がいるならありでしょうけれど

さらに朝も問題です
集団登校の時間が遅い場合、学童保育は朝8時からのところが多く、
さらに夏季休暇などの長期休暇のときは、8時半になってしまうこともあります
会社が遠いお母さんたちは、子供よりも自分が先に家をでる ことになってしまいます

さらに学校行事は平日が基本、専業主婦との交流(何かと平日になる)、宿題のケア、子供の習い事、保育園生活以上の忙しさがやってきます

働くママの壁② 物理的な問題

私の地域は、保育園激戦区、学童も当たり前のように激戦区なのです
もちろん保育園ほど選考に厳しくはないでしょうけれど、学区内の学童は実績でみると30%くらいの方が漏れています

またここでも・・・

無認可保育園を抑えるように、民間学童も早めに抑えておこうとそう考え、近所の学童保育施設の見学へ行くことにしました

民間学童保育とは?

学童保育にもさまざまなのですが、大きくわけて以下があります

1.区や自治体が運営している
2.公設民営化されている
3.父母会主催(横浜市など)

1.各区役所、市役所が主体となっているので、入園選考なども役所です

2.1と同様ですが、学童のスタッフが委託会社のスタッフです

3.あくまで自治体は場所とスタッフを提供しているだけであって、運営は父母会で行う必要があります
スタッフの勤怠管理、お給料計算も行っている話を聞いてひっくり返りそうになりました・・・

私の地域は1が多く学区内は2も含まれるのですが、選考に漏れた時のことも考え、保育園の失敗もあるので2つの民間学童を見学しました

1.キッズベースキャンプ

駅に近く、送迎対象校だったので追加の費用はかかりません
学童の雰囲気はよく、取り組まれているカリキュラムは、自ら考えることに重点を置き、
時にはディベートも行うなど非常に面白いものでした
預かり時間も7時まで(延長すれば10時)と非常に長く、夕食も別料金ですが用意をしてくれます

下校後、学童スタッフによるお迎え→学習(宿題)→おやつ→外あそび
この後は延長タイムなので延長のお子さんは夕食→遊びとなります

ここの特徴はとにかく「自主性」を重んじること、本当に身につく教育を行ってくれる(ように見える)カリキュラムが特徴でした
校舎もたくさんあるために学童のイベントは合同で行われることがあり、盛り上がって楽しそうに思えました
もちろん民間なので、イベントの手配などはスタッフさんが行ってくれます

2.某習い事付き民間学童

もう一つ、地域に一つしかない、習い事つきの学童保育もありました
古い建物を利用して、自宅にいるような快適な場を提供している学童です

習い事は、例えば英語 週に2回(だったかな?)ネイティブのスタッフが常駐し子供と一緒に遊んでくれます
書道教室もあり、書道会に所属することもできます

これだけ聞くと、「お勉強系かな?」と思いがちなのですが、見学してお話を聞く限り私はこちらの学童の方針に惹かれてしまいました
一日の流れや送迎サービスは1と似ていますが、習い事の曜日が決まっていることもあり、子供のリズムが作りやすそうだと感じました
また、習い事も共働きの壁になりますが、こちらも込みの料金です
特に英語塾へ行くとなると高額必要ですが、こちらは自然と学ぶことができるのでこれを考えるとメリットがあります

民間学童は車での送迎も可能なため、学校から学童、学童から家まで送迎してくれます(もちろん別料金ですタクシー代相当はかかります)

料金は?

同じ地域なので地代などの最低料金がほぼ同じなのもあり、5~7万かかります
2の学童のほうが習い事も含んでいることもあり1万ほど高かったです

あとは延長時間をどれほど使用するかによってはもっと高額になるので5~7万がボーダーライン

しかし、一番のネックが・・・長期休暇中

1も2も、休暇時の朝の時間は8時半からですが、8時から預けると朝延長料金がかかります
さらに、学童の基本保育時間は3時から6時のところを8時から6時までにするので料金は単純に倍かかります
さらに昼食代、延長代がかかるので、オプションをつけまくり10万を余裕で超えます
節約できたとしても毎日お弁当を持たせることくらいなので相当痛いです

私が出した決断

年少の時点で学童について悩んでいる、この異常な状況を冷静に見て、
「おかしい、なにかがおかしい、何のために働いて、何のために子供を育てているのか」

私の中で、洗脳されたような考えが崩れ去り、会社員をやめてフリーランスになると決断したのです

年収が高い、もしくはようやくつかんだポジションにいるならば頑張って続けるかもしれませんが
一人息子にさみしい思いをさせてする仕事でもなく、高いお給料でもないので辞めることにしました
幸い時短制度は小学校卒業まで使用できるので乗り越えることも可能なのですが、
得られるスキル、お金に対して失う息子との時間と可能性のほうがはるかに大きく退職を選びました

ある意味私も小1の壁で淘汰された人間かもしれません
しかしフリーランスという道を選ぶことで良いか悪いか現時点ではわかりませんが、
早く見学を行うことで、予約もできますし、働き方について悩むこともできますしおすすめします

-共働き

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.