妊娠・出産

無痛分娩だから痛くないは嘘?! 痛みについて調査してみました

更新日:

私の答えは ずばり 痛い です

なぜ痛いのか?

①陣痛がきてから麻酔をうつ
②麻酔が効かなかった (お酒に強い人が稀に効かない)
③陣痛の痛みはないけれど、感覚が残っていて痛い ← 私
④そもそも初めてなので比較できずとりあえず痛い ← 私
⑤先生や助産師さんに乗られてそっちが痛い

こんな感じでしょうか

無痛分娩って、大半の病院は①の陣痛を自然に待ってから麻酔をするパターンなので、
投与するタイミングが遅かったり、体質によって②のように失敗することがあります

出産の展開が早いと効かないことがあるようですね

私の場合、麻酔の種類なのでしょうけど、運動機能をマヒさせない麻酔でした。
本当に痛くない出産の場合、この運動機能も取ります。なので産後しばらく歩けません。
私の場合、普通通りの生活ができます。しかし、出産の子供が出てくるときの感覚がとにかく痛い・・・

けれど、痛いといっても普通分娩の人の1/20くらいだと思うんですよ
医師がそのように話していました

私にとって 「初めて」なので痛いというだけ
2人目(1人目が普通分娩)のママは「楽勝!」と言っていたので間違いなく緩和されています

⑤については、人からきいた話ですけど、運動機能をとると、力が入らずいきめないので赤ちゃんが出てこられません

そのために腹部に馬乗り状態で押してもらって、吸引分娩をするとか

これから出産するみなさんやっぱり最初は痛いです!!!!




-妊娠・出産

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.