妊娠・出産・育児

無痛分娩でも色々あります~麻酔の種類や理想の分娩スタイルで病院を選びましょう~

更新日:

無痛分娩について調べていくと、その中でも様々な選択肢があることに気づかされます

①計画無痛分娩

私が選択した分娩方法です
「誕生日がわかっている」分娩方法となります

陣痛を誘発して計画的に出産する方法で、こちらは2人目以降のお子さんをもつ方に人気です
遠方から両親がきてくれている場合など、しっかりケアを受けられますし、旦那さんが多忙な方でも
しっかり付き添ってもらえるかと思います

②完全無痛分娩

こちらは①に加え、さらに痛みをなくす出産方法です
私が知る限りですが、自由が丘にある「田中ウィメンズクリニック」はこちらの方法です
全く痛くないそうです

③無痛分娩

こちらは、①と異なり、陣痛を自然に待ち、陣痛が来た段階で麻酔を投与します
こちらの欠点は、麻酔科医がいるときに陣痛が起きれば無痛にできます

④和痛分娩

痛みを少しだけ取ります
麻酔の種類を選べたり、感覚を残すことで自然分娩に近い方法となります

①~④は私が調べた結果のお話であり、あくまで目安となります

病院によって本当に解釈が多様ですので、病院に聞くしか知る方法はありません

ここからは私の体験談となりますが、私は①計画無痛分娩を選びました
病院が自宅から遠かったこと、痛みに対する不安が大きく少しでも軽減したかったからです
また、出産日が決まっているので計画も立てやすいメリットたくさんの出産方法かなと思いました
(今振り返ってもそう思います)

私が産んだ病院はいきめる無痛分娩 と煽っていました

産んでからわかったことですが、感覚を残す麻酔を使うという意味です
例えば都内で一番高いけれど無痛分娩で有名な田中ウィメンズクリニックは とにかく痛くないそうですが、
歩行機能の感覚も取ってしまうのか、しばらくは自力歩行ができなかったりします

私が産んだ産院は思ったより痛かったです

痛みと感覚の両方を取り除く麻酔痛みを取り除き感覚を残す麻酔があるそうで

感覚が残るということは、赤ちゃんが出てくる感覚を味わえるということ
思い切りいきめますので吸引されたり、お腹に乗られることも少ないはず

この感覚の話を普通分娩の友人に話すと??な反応なのですが、普通分娩は、産むときの痛みではなく
陣痛がきつすぎるために赤ちゃんが出てくる感覚はわからないそうです

私の場合、しっかり麻酔は効きたけれど感覚が残っていたので
赤ちゃんが下りてくるのがわかり、膣と肛門の間が張り裂けそうで予想外に痛かったです

先生には「こんなんで痛がっていたら普通分娩の人に怒られる」と言われたのですが、
初産だと比較ができないので、それなりの覚悟が必要です

ただし、2人目を出産した方に無痛分娩の感想を聞くと、楽すぎる!ようなので

2人目を考えている方にはお勧めします

-妊娠・出産・育児

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.