妊娠・出産・育児

【出産準備でいらないものとは?】出産準備は最低限で良い理由【小物編】

更新日:

赤ちゃんを迎えるために何が必要なのかお悩みではないでしょうか。インターネット上にも様々な情報があふれ、マタニティ雑誌には「出産準備品リスト」までありますよね。

もれなく私もその雑誌を購入して、必要なものを買い揃えましたが…正直不要なものも多かったです。出産準備で必要な大型品について書いた記事とは別に、小物で必要なものもまとめてみました。自身や友人の体験談も含め書いていきます。

1.出産当日・入院中に必要なもの

特大ナプキン/お産用パッド

こちらは、私の場合ですが、大小2パターンを産院が用意してくれました。私の場合、破水時と、悪露の時に使用しました。悪露の場合は、特大ナプキンでも代用可能です。

産褥ショーツ


産後は、子宮から細菌や血液が数日に渡って排出されるのですが、クロッチ部分が開閉します。産後はとにかく体が痛いです。帝王切開の方はナプキンを交換するときの動作も厳しくなってきます。その時に動作が楽になるためにこのショーツを用意します。私は無痛分娩で体力を温存できたのでこちらのショーツは使っていません。(出産当日だけです)

お出かけグッズ(冬生まれの方は退院時に必要)

おくるみ

新生児のうちは布でくるんであげると安心するようです。バスタオルでも代用可能ですが、正方形のタオルが使いやすいかもしれません。

防寒ケープ


抱っこひもに装着ができ、ベビーカーのブランケット代わりにもなるような防寒ケープは1つあると便利ですよ。出産までに間に合わせなくても良いかもしれませんが。

授乳ケープ


外で授乳するときの必需品です。最近はワイヤー入りがあるようです。

肌着

肌着の種類

・短肌着

・長肌着

・ロンパース

これらも季節に応じて2~3組用意すると良いでしょう。

2.退院してから必要なもの

紙おむつ 布オムツ

オムツについて書いた記事で、おススメのオムツを書きましたが、事前に準備をしておくためには、1パックでいいと思います。理由はサイズがわからないからです。

うちの場合、少し小さめの赤ちゃんでしたので、新生児用サイズのオムツがでブカブカでした。そのため最初は「新生児より小さめサイズ」や「パンパースのマイクロサイズ」を使用しました。

逆に大きな赤ちゃんの場合、新生児用オムツを使うのは一瞬であっという間にSサイズになります。

新生児は1日10~15枚のオムツを交換するのでまとめて購入しても使いきれるかもしれませんが、わが子のように小さく生まれたのに3カ月で8キロに達してしまうほどの成長の早さだとすぐにサイズアウトとなりますので、体重増加の落ち着く生後半年以降にしたほうが良いです。

布オムツについて

紙おむつと布おむつについて悩んでいる方もいらっしゃいますよね。私は知り合いから布オムツを借りたこともありチャレンジする予定でした。成型された布とライナー、カバーの三点で使用するものです。当初はエコ&子どものお肌ために努力しようと思ったのですが、あっさり断念しました。紙オムツの機能のよさと便利さを思うと、挫折する方が多い気がします。

おしりふきウォーマー

 

現代っ子はなんて恵まれているのでしょう…お尻を拭く時のおしりふきを予め温めておく機会です。でも、現代は大人もウォシュレット便座なので、冷たい便座に座るとびっくりしちゃいますよね。同様に赤ちゃんのお肌に触れる時も温めたものを使いましょう!という意図があって開発された商品です。

我が家ではオムツが取れるまでず~っと使用していました。特に冬生まれならマストです。

哺乳瓶


事前に準備をしたい、おしゃれなものにしたい、等いろいろ希望があるかもしれませんが、一般的な口コミより、産院で使用していたものをそのまま自宅で使用するほうがよいかもしれません。お子さんによっては好き嫌いがあるようですよ。
それでも、ドクターベッタのようなデザイン性の高いものは持っていておしゃれなんですけどね。私はビーンスターク、ピジョンの母乳実感をメインに使用していました。とはいってもたくさん母乳が出たので完全母乳となってしまいお蔵入りとなりましたが。

哺乳瓶消毒セット

    

こちらも気合をいれてそろえる方がいますが(私のこと)産後に用意しても全く構わないと思います。哺乳瓶消毒セットを購入したものの、とにかく邪魔。

そもそも電子レンジで熱湯消毒しなくても、真ん中の「次亜塩素酸ナトリウム」で消毒すればいいのでは。あまり神経質に、無菌で育ててしまうと体の弱い子になってしまうので多少気を使うくらいでよいかと思います。(だっておっぱいだって汗とかついてるし)

搾乳機

     

私は右の手動タイプを使用していました。搾乳して、右から2番目の母乳フリーザーパックに入れて冷凍して保存する方もいらっしゃいますよね。早くから保育園へ預ける方は搾乳機は必須です。私の場合は、胸が張って仕方がなかったので絞るために使っていました。

ピジョンの搾乳機はどこでも手に入りますが、メデラ製の電動タイプはちょっと裕福なママさんが必ず持っているような品です。

オムツゴミ箱、オムツ臭い袋

 

これ、結構いいです。外出時、うんちを捨てられない時にはこちらを使うと本当に臭いません。右はペット用なのですが、こっちでも同じ効果です。

またゴミ箱に関し、私は専用ゴミ箱を持っていました。しかし、プリンターと同じで、カートリッジが高いです。毎日ゴミを捨てられる方は不要かなと。そもそもミルクしか飲まない時期のうんちは臭くありません。問題は離乳食が始まってからですかね。

  

骨盤ベルト


産後は骨盤が開いていますので、専用のガードルや、トコちゃんベルトで矯正する方が多いです。しかし私のお勧めは絶対これ。デメリットはゴム臭いこと。安価でぐっと引き締まります。

 

まとめ

いかがでしたか?自身の体験をもとに記事を書いてしまいましたが、お勧めがたくさんありました。是非出産準備も楽しんでください。

ベビーカー、ベビーベッドなどの大型用品についても記事をまとめていますので、こちらをご覧くださいね。

-妊娠・出産・育児

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.