美容・ダイエット

韓国で話題の水光注射を東京のクリニックで施術してきました~ヒアルロン酸注入の効果と副作用について~

更新日:

水光注射をご存じですか?

陶器のように輝くお肌になりたい…そんな悩みを叶える水光注射の発症は、美容大国の韓国です。ムルグァンと呼ばれるこの施術について、みなさんにもぜひ体験いただきたく記事を書いています。

次の記事では、最新技術の成長因子・リジュランヒーラーの注入体験記をかいていますが、今回は、「ヒアルロン酸カクテル」の注入及び当日の流れについて触れていきます。

水光注射との出会い

私が初めて美容外科へ行った時、治療の案内を眺めていると水光注射という言葉をみつけました。当初はボトックスやBNLSに興味があったこともあり、流していましたが、美容外科の良さに気づいてしまってからどうしても気になりやりたくて仕方がありませんでした。

しかしBNLS注入等で、お金を使いすぎてしまったこともあり、キャンペーンを待っていたところ、お誕生日クーポンが発行されたため、半額のなんと9,800円で施術を受けることができました!(安すぎますが全く問題なかったです)

水光注射は、韓国で有名ですので、ブログを検索すると韓国で施術した例が多く取り上げられており、国内でも多数ありますが、少々ブームが去ったような扱いでもあります。
そもそも取扱のない病院もあり、一部の方が知る施術のようですね。

水光注射ってどんなもの?痛くないの?副作用は?

どんなもの?

水光注射とは、真皮へヒアルロン酸などの有効成分をまんべんなく注入する施術です。私が施術した医院では、ヴィタールインジェクター(Vital Injector)という機械を使用しています。

引用すると

●1ショット5本の極細針でスピーディーに注入!
●ムラなく均一の深さへ正確・確実に有効成分を届けることが可能!
●目元ギリギリまで施術が可能!若々しい目元を実現!  だそうです。

イメージとしては、剣山(平成っ子はご存知?)のような注射針が一面にあるような機械でお肌に均一に薬剤を注入していきます。

水光注射は、技術の高いクリニックでは、医師が一か所一か所手打ちします。手打ちのメリットは、多めに注入したいところと、しなくていいところを分けられること。
また、機械打ちの場合は一度肌を吸引するために内出血をすることがあるのですが、それがありません。

他の治療との違いとしては注射の範囲が広いことが挙げられます。

日本では機械による注入が多く、ヴィタールインジェクターの他、ダーマシャインを使って医師や看護士が施術します。

気になる薬剤についてですが、私は病院オリジナルのヒアルロン酸カクテル(ヒアルロン酸+54種類もの美肌成分)を注入しました。

痛くないの?

注入の深さと体調によって左右します。体調の良い時は、全く痛みを感じなかったので、小鼻の黒ずみの吸引器のような気持ち良い感じでした!!

しかし2回目は生理前だったことや、1回目より深く注入したこともあり、手に汗を握る感じでした。といってもBNLSをやってきた方なら余裕ですかね。

副作用は?

心配される副作用についてですが、薬剤によるアレルギー等は医師に確認いただきたいのですが、施術後の赤みも一時的な反応ですので、ありません。ただ、直後は「どうしちゃったの」という顔にはなりますが、すぐに鎮静しますので、大丈夫です!

★当日の流れ★

1.カウンセリング&お支払い

2.クレンジングでメイクを落とす

3.施術室へ移動 (私の通っている病院ではベッドのような台へ案内されました)

4.看護師による表面麻酔のクリームの塗布 (ラップで麻酔を密着させ20分間待ちますが、表面麻酔は、ピリピリします。合わない化粧品を付けたときの拒絶反応ですが正常な反応とのこと)

5.看護師による施術 (ウィーンガシャ!ウィーンガシャ!吸引&注入を繰り返しますが、ほうれい線の周りなど、希望をすれば重点的に注入してくれます)

6.鎮静 (施術直後は赤くなりますので冷やしていきます。私の通うクリニックでは、成長因子の入った韓国バイオメド社のSRSマスクパックを施術後に行うことを推奨しており、15分程鎮静させます)

効果について(1か月後)

水光注射から一カ月経過して感じたことですが、ダウンタイムである3~4日が過ぎたあたりから経過がよく、常に潤いがある感じでした。実際、水に光が差すような?美肌ではない私も常に潤っている状態が続きました。
夏場に施術したこともあり、乾燥とは無縁で調子が良かったです。

まとめ

いかがでしたか?ダウンタイムが少々懸念点かもしれませんが、特にヒアルロン酸注入は目に見えて効果を感じることができます。もし結婚式を控えている、写真撮影を行う等、特別な日に向けて施術してみることもおすすめです。

 

-美容・ダイエット

Copyright© 子育ていろいろ , 2018 All Rights Reserved.