保育園

【入園】無認可・認可外・認証保育園で準備する日々の持ち物リスト

更新日:

認可保育園で必要な持ち物については、【入園準備】認可保育園で準備するもの、日々の持ち物についてで記載しましたが、今回は我が家が1歳の時にお世話になった無認可保育園へ入園する際に必要だった持ち物をまとめます。

そもそも認可保育園との差は何だろう?

認可保育園が厚生労働省の管轄で、国から補助を受けていることに対し、認証保育園は東京都の補助があるもの。認可外保育園(無認可)は補助を受けていない保育園、つまりオーナーが保護者から得られる保育料のみで運営している携帯です。※最近都市部では保育園が足らないことがあり、認可外施設に入る方への補助も検討しているようです。

そのため、住んでいる地域によって、地価の高い地域は賃料が高いために、保育料が高いわりに、園庭もないような狭い施設のケース、逆に高所得者の場合、認可外保育園のほうが保育料が安くすむ場合などもあり、園によって差があります。

そのため、持ち物についても大きく差がありますが、私は城南エリアに住んでいますので、小さな保育園に通っていました。そのため設備などが不十分なこともあり、毎日の持ち物も多かった印象です。

無認可保育園の中ではサービスが良い保育園の場合あまり持ち物が入らないと言う上もあるのですが私が通った無認可保育園は都内の小さな小さな保育所になりますので基本的に用意するものが多かったです

毎日使用する(持っていく)持ち物

連絡ノート

保育園と保護者が連絡を取り合うノートになります。保護者は毎日、食事の内容、機嫌、排便状況、就寝起床時間、入浴有無、検温、お迎え予定時刻などを書いていきます。このノートを見て保護者は子供の園での生活を知ることができます。
1冊216円の、可愛い連絡帳を必要に応じ園から購入していました。(ボロボロです)

洋服の着替え

無認可園では、認可保育園のようなスペースがありませんでした。基本的に子供は園の玄関渡しなので、子供と荷物を先生に渡す・・・という状況です。そのため、着替は1セットを用紙すればよかったです。低年次なこともあり、また園庭がなく公共の公園で遊んでいたこともあり、激しく汚れることはあまりなかった印象です。

紙おむつ3~4枚(お子さんによって判断)

毎日ジップロックの袋に入れて持っていきました。オムツにも記名を行います。

汚れ物を入れるバック2枚

1枚は使用した紙おむつを持ち帰るためのものなので、スーパーのレジ袋に記名をしていました。エコバックの方もいますが、汚物なので汚いなと・・・
画像はクリックできます。

もう1枚は汚れた衣類を入れるものなので、こちらはエコバックを使用している方が多かった印象です。

おしぼりタオル2枚

お食事用のおしぼりですが、大人が使用するタオルハンカチのようなものを準備すればOKです。

食事用エプロン1~2枚

無認可保育園では形式を問われませんでしたので、我が家はIKEAの袖ありのエプロンを使用していました。昼食用、おやつ用です。

手拭きタオル1枚

フックにかけられるような紐が付いているものです。ループがついたタオルは1枚約400円です。普通のタオルにフェルト&紐でループを作ってもOKです。

食器類

食器類の用意がなかったため、スプーン・フォーク、お箸を毎日持って行っていました。ケースに入っているので便利でしたよ。

コップとコップ入れ

おやつの時間に牛乳を飲むためのコップを毎日持参していました。100均で揃います。

水筒

調理室がない保育園だったので、飲み物持参です。食事もケータリングサービスだったので、濃い味に慣れてしまった息子… もちろん保育園からお茶などの支給は基本的になかったので、毎日水筒を持って行っていました。

週明けに持っていくもの

寝具類 防水シーツ、シーツ用タオル、掛布団用タオル

防水シーツ、シーツ用タオルは、標準的なベビー布団サイズのものでよかったので、ベビー布団の付属品をそのまま使用することができました。掛布団用タオルは、フリースのフランケットを使用していました。

園帽子

予め支給された帽子を週末に持ち帰り、週明けに持っていくスタイルでした。

パジャマ、パジャマ袋

無認可保育園時代、お昼寝の時にはパジャマに着替えて就寝していたようです。1組持って行っていました。

外出用防寒着

登園用防寒着を汚したくない方は別途持っていく必要がありました。手袋も必要な親御さんは用意していたようです。

保育園にストックしておくもの

緊急時用着替え&オムツ1セット in 巾着袋

衣類オムツを補充し忘れてしまった時のため、災害時用に保育園へ預けておく衣類などです。こちらは長期間保管されますので、お気に入りをいれてしまうと先生にお願いしないと取り出せませんので、新品は避けたほうが良いでしょう。

ビニール袋 ポリ袋 1箱

20センチから40センチ位の大きさと指定がありましたので、ダイソーなどの100円ショップで売ってる、キッチン用ポリ袋で構いません。便のついた紙おむつや濡れた衣類を入れるためのものです。

おしりふき

普段使用しているおしりふきを1パック、かごに入れておく必要があります。

最近は、首が焼けないように後ろが長いタイプですね。園児が付けていると本当にかわいいです。

入園時のみ必要なもの

防災頭巾

小さな子供が使用できるサイズがなかなかありませんでしたが、私はこちらを購入しました。

雑巾2枚

100均でも揃いますが、私は母の手作りの雑巾を持って行ったところ、長く使用してくれていました。園で使う雑巾のようです。

まとめ

いかがでしたか?認可保育園よりも若干準備するアイテムが多い印象ですが、意外と標準サイズを取り入れてくれていることもあり、市販品で揃います。認可のようにサイズにうるさくなかったり手作りアイテムは少なめです。

無認可保育園を見学する際に、荷物についても確認しておくとよいかもしれません。

-保育園

Copyright© 子育ていろいろ , 2018 All Rights Reserved.