妊娠・出産・育児

妊娠希望をして二カ月目で妊娠しました~化学流産を乗り越えて~

更新日:

【妊娠までの道のり・体験記】

化学流産の経験のすぐあと、私は妊娠をすることが出来ました

健康そのもの、少々元気すぎるくらいの息子ですが、振り返ってみると

流産のすぐあとに私を慰めるようにやってきてくれたし、

もしかしたら、少し寂しい子宮だったかもしれないのに、ほぼトラブルなく育ってくれました

やっぱり強かったんだな~ 振り返ってもそう思えます

さて、話は戻りますが、私は自己流のタイミング法を採っていたので「排卵検査薬」を使用しました

私が使用したものは、「検査薬ネット」さんのEU型の排卵検査薬でしたが正直どれでもいいと思います。

排卵日前後から反応が出るので一周期にはタイミングがわからないと思いますが、陽性の色が一番濃い時が排卵日です

あ、でも女の子を産みたい方なら薄い日を狙うと良いのでしょうか

こればかりは52:48の比率で男:女ですから賭けてもいいのでしょうね

検査薬の反応があった日を境に1日おきにタイミングをとったら妊娠しました

私は生理がきちんとくるので、いけないとは思いつつ、生理予定日に検査薬をまた使用してしまいました

今度もうっすら陽性がでましたが、前回と異なる点が2つありました

検査薬の陽性の色と基礎体温でした

陽性の色は日が経つにつれ濃くなっていったのです

もちろん、水分を取った後など、尿が薄い場合は反応が薄いこともありますので、同条件の尿検査が良いかと思います

実は病院にも4週3日で行きましたが、検査直前になぜか水を大量に飲んでしまい、尿検査で反応が出ませんでした
(あとから聞いたのですが4週目くらいで尿が薄いと反応しないことがあります というか早すぎ?)

結局妊娠判定をもたっらのは5週4日でこのときにはしっかりと胎嚢も確認できました

-妊娠・出産・育児

Copyright© 子育ていろいろ , 2019 All Rights Reserved.